乾燥を防ぐ!美髪のためのドライヤーの使い方、選び方

毎日何気なく使っているドライヤーですが、使い方次第で髪の美しさを大きく左右するものです。

お肌を潤そうと化粧水などでスキンケアしてますよね。ドライヤーは、それとは逆に髪を乾燥させるために使います。

使い方を誤れば、当然地肌は乾燥するし、髪だって焼けてバサバサのボサボサに。髪と地肌を守り、美髪をキープしていくためにも、ドライヤーの正しい使い方と、選び方を見ていきましょう。

ドライヤー前のタオルドライの正しいやり方

ドライヤーで髪を乾かす前に、しっかりタオルドライをしておくことで、ドライヤーによる髪へのダメージを最小限に抑えることが出来ます。

タオルドライを適当に済ませてしまっていたり、そもそもタオルドライのやり方を間違っているという可能性も。

ドライヤーの前に、まずはタオルドライについても、一度見直してみましょう。

吸水性の良いタオルで押し付けるように拭く

タオルドライをする際は、吸水性の良いタオルで押し付けるように拭くことが大切です。

髪の表面は、うろこ状のキューティクルによって保護され、ダメージから守られています。しかし、髪が濡れているときは、キューティクルが開いてしまうため、乾いているときと比べて保護機能が弱くなっています。

そのため、なるべく吸水性の良いタオルで、優しく水分を吸収させてあげることが大切です。

髪にダメージを与えないように、なるべく短時間で済ませる

ドライヤーを短時間で済ませるために、タオルドライを時間をかけて念入りに行うのも良くありません。

タオルとの摩擦によって髪が傷ついたり、ダラダラ自然乾燥させていると、髪のパサつきや枝毛、切れ毛などの原因にもなってしまいます。

髪にできるだけダメージを与えないように、タオルドライはなるべく短時間で済ませるようにしましょう。

髪にタオルをゴシゴシ擦りつけるのはNG

タオルドライの際に、面倒だから力を入れてゴシゴシと擦るようにしてしまうのも、髪のダメージの原因となります。

ゴシゴシすると早く乾くような気もしますが、実際には押し付けて水分を拭き取るのと、それほど時間は変わりません。

ただただ、摩擦によって髪を傷つけているだけになるので、いつもゴシゴシ擦るようにタオルドライしているのであれば、スグに止めるようにしましょう。

ドライヤー前に洗い流さないトリートメントで髪を保護

ドライヤーでのダメージを少しでも減らしたいなら、タオルドライ後に「洗い流さないトリートメント」で髪を保護してあげるのがオススメ。

髪を保湿、補修するのと同時に、キューティクルの保護にもなるので、美髪を目指すなら、取り入れたいヘアケアアイテムの1つです。

おすすめのトリートメント

洗い流さないタイプのトリートメントは、ドラッグストアでも購入できますが、ちゃんと効果を実感するためにも、なるべく質の高いものを使いたいものです。

口コミで非常に評判の洗い流さないトリートメントをご紹介します。

ラサーナ プレミオール ヘアエッセンス

ヘアケアアイテムの通販ブランドで有名なラサーナのアウトバストリートメントです。

ブルターニュ産の海藻エキスが配合されており、髪に必要なミネラルをたっぷり含有しています。ほかにも、キューティクルを保護するマルラオイル。ダメージを補修する毛髪浸透スクワランを配合。

ドライヤーの前に使用することで、髪をダメージから守り、髪のパサつきやクセ、広がりを抑え、しっとり滑らかなツヤ髪をもたらしてくれます。

3週間のトライアルセットもあるので、洗い流さないトリートメントを試してみたい方は、こちらを利用するとお得です。

正しいドライヤーの使い方と注意点

いよいよドライヤーの使い方です。

忙しいとついつい自然乾燥に任せてしまったり、雑なドライヤーで髪と地肌を傷めてしまうもの。しかし、美髪を目指し、それをキープしたいなら、ドライヤーは正しく使わないといけません。

知っている内容もあるかと思いますが、ちゃんとした使い方を習慣出来るよう、もう一度確認してみて下さいね。

15~20cm以上離してドライヤーを当てる

早く乾かしたからと、なるべく高温の風が当たるように、ドライヤーを髪に近づけたくなるかもしれませんが、ドライヤーと髪との距離は15~20cm以上離すようにしましょう。

ドライヤーの温度は、当然吹き出し口に近いほど高くなります。メーカーにもよりますが、およそ100~110℃という高温です。

あまり髪に近づけてしまうと、「乾かす」ではなく「焼く」になってしまいます。髪自体に痛覚がないので、気付きにくいですが、乾かしているつもりが火傷を負わしている状態だったなんていうことも…。

塗れた髪に、高温の熱がいかないように、20cm以上離すことを心掛けてドライヤーをするようにしましょう。

熱風が一か所に当たり続けないように、小刻みに動かす

ドライヤーと髪の距離を20cm以上離したとしても、同じ場所にずっと熱風を当ててしまうと、高温になりますし、髪が乾燥する原因にもなります。

熱風が同じ場所に当たり続けないように、ドライヤーを小刻みに動かすように使いましょう。

ドライヤーの動かし方については、美容院で髪をブローする際の、美容師さんの手の動きを思い出してみて下さい。

美容師さんはプロなので、ドライヤー中に、頭皮が熱いと感じてしまうようなことはないですよね。あれは、何気なくブローしているようで、同じ場所に当たり続けないようにドライヤーを動かしているんです。

頭頂部の髪の根本から、中間、毛先へと乾かしていく

ドライヤーを当てるのは、頭頂部の髪の根本からはじめ、髪全体の中心部を乾かし、毛先は最後にします。

毛先は、髪の密集率が低いため、乾きやすく、乾燥しやすいからです。また、毛先が乾いて満足してしまうと、頭頂部がまだ湿っているのに、ドライヤーを終えてしまいたくなります。

髪の根元や頭皮が傷む原因にもあるため、まず根本から乾かして、最後に毛先。という順番を守ってドライヤーをしていきましょう。

8~9割程度乾いたところで終了する

髪のことを考えるなら、自然乾燥ではなくドライヤーできちんと乾かした方が良いのは間違いないのですが…。「乾かし過ぎ」もまた良くありません。

ドライヤーは8~9割乾いたところで終了させるのがベストだとされています。

完全に乾かしてしまうと、毛先のパサつきや、頭皮の乾燥などといったトラブルを引き起こす原因となるからです。

「もう一息で完全に乾ききるな」というタイミングでドライヤーをストップさせるのがポイントになります。

毛先のオーバードライ(乾かし過ぎ)に気を付けて

毛先が傷みやすいというのは、長年の経験から何となく分かっていると思います。パサつき、枝毛、切れ毛といった髪の悩みは、だいたい毛先から起こるもの。

トラブルの原因としてまず疑うべきは、ドライヤーによるオーバードライです。

髪の広がりや、クセを抑えようと、毛先にドライヤーを当てて、引っ張るように乾かしていませんか?これも毛先を乾かし過ぎてしまう原因の1つ。

毛先は特に傷みやすく、また乾燥もしやすいので、洗い流すトリートメントなどを使用し、ドライヤーの熱から保護してあげるようにしてみましょう。

ドライヤーと自然乾燥、ダメージが大きいのはどっち?

正しくドライヤーを使えているなら、ドライヤーと自然乾燥とを比べると、ダメージが大きいのは自然乾燥になります。

自然乾燥が髪にダメージを与える一番の原因は、長時間に渡り髪が傷みやすい時間を作ってしまうという点です。

髪が濡れている時間は、キューティクルが完全に開いている状態です。この状態の時に外部から摩擦などの刺激を受けると、キューティクルが剥がれて傷ついてしまいます。その結果、髪のパサつきや枝毛の原因に。

それでは、自然乾燥のメリットとデメリットを見ていきましょう。

自然乾燥のメリット

  • 髪を乾燥させる手間がない
  • ドライヤーで髪を乾燥させ過ぎる心配がない

自然乾燥のデメリット

  • 摩擦によってキューティクルが傷つき、髪が傷みやすくなる
  • 雑菌が繁殖しやすく、頭皮のかゆみやフケの原因になる
  • 寝ぐせがつきやすくなる
  • 頭皮の血行が悪くなり、抜け毛や薄毛の原因になる
  • 濡れた状態のまま過ごすことにより、頭皮のにおいの原因になる

このように、自然乾燥のメリットとデメリットを比べても、デメリットのほうが多いのが分かると思います。美髪を目指す方は、しっかりとドライヤーで髪を乾かすようにしましょう。

後悔しないためのドライヤー選びのポイント

毎日使うドライヤーだからこそ、ちゃんとしたドライヤーを使いたいもの。結構、値段の安さだけで選んでしまっている人も多いのではないでしょうか。

せっかくドライヤーを正しく使えていても、粗悪なドライヤーを使っていてはもったいないですよね。どんなところに注意してドライヤーを選べば良いのか見ていきましょう。

高温よりも高風量を重視する

まず押さえておきたいポイントは、高温の風が出るドライヤーよりも風量がしっかりとしたドライヤーを選ぶという点です。

最大風量が大きいと、髪を素早く乾燥させることができるだけでなく、熱による髪のダメージを軽減させることが可能になります。

マイナスイオンが出るものを

マイナスイオンの効果については色々と言われていますが、マイナスイオンが出るドライヤーを使うと、指通りが良くなるのは、間違いなく実感できますよね。

他にも、キューティクルが傷つくのを防いでくれたり、ツヤを出したり、まとまりやすくなったりと、様々な効果を期待することが出来ます。

毎日使うものだから値段だけで選ばない

家電量販店や通販サイトなどを見ると、1000円台で購入できるドライヤーも多数ありますが、値段だけで選んでしまうと、風量が十分でなかったり、高温過ぎたりと、髪にとってよくないものである可能性があります。

コスパももちろん大切ですが、ドライヤーはシャンプー後に毎日使うものです。ずっと付き合っていく髪のためにも、品質の確かなドライヤーを選ぶようにしましょう。

ドライヤーの重さも大切!なるべく軽いものを

毎日使うものだから、なるべく使いやすいものの方が良いですよね。ドライヤーの使いやすさを左右するポイントで、忘れがちなのが「重さ」です。

ドライヤーは小刻みに動かしながら使うので、あまり重いものだと、使うのが嫌になってしまう可能性があります。

いくら機能が豊富でも、重過ぎると腕が疲れてしまい、結局ドライヤーが雑になってしまうもの。

ドライヤーを選ぶ際は、機能や価格だけでなく、重さも確認するようにしましょう。

高いけど買って後悔しない!おすすめのドライヤー5選

ドライヤーの選び方をご紹介したところで、少しお値段は張っても後悔しないおすすめのドライヤーを5つ紹介します。

ドライヤーの買い替えを検討している方はぜひ参考にしてみて下さい。

レプロナイザー 3D Plus

リュミエリーナが開発した独自のバイオプログラミング技術により、髪にダメージを与えることなく、美しくツヤやかに乾かすことが出来ます。

使えば使うほど、髪が潤うかのような、しっとりとまとまる髪に仕上がるのは、レプロナイザー 3D Plusならでは。風量もしっかりあるし、頭皮や肌の乾燥も防げます。

お手入れに関しても、ホコリが溜まりやすいフィルター部分は簡単に取り外しが可能なので、長く大切に使うにはもってこい。

価格は高いですが、美しい髪になるのを実感できるので、満足度は非常に高いドライヤーです。

パナソニック ナノケア

パナソニックの美容家電の中でも人気の「ナノケアドライヤー」です。

マイナスイオンの約1,000倍以上の水分を含む、ナノイーが髪に浸透。髪にうるおいを与えることで、しっとりとまとまる髪に仕上げてくれます。

また、ナノイーとミネラルマイナスイオンによって、キューティクルを密着させ、摩擦によるダメージや紫外線の影響から、髪を守ってくれるのも特徴です。

口コミなどでもかなり評判が良く、レプロナイザーに比べて手頃なお値段なので、コストパフォーマンスの高さは文句なし。

ダイソン スーパーソニック ヘアドライヤー

サイクロン掃除機で有名なダイソンのドライヤーです。ダイソンの技術によって、熱に頼らず風の力で髪を素早く乾かせる点が大きな魅力の一つです。

小型で軽量なのに、高風量のパワフルボディー。風量最大にすると、髪が吹き上がるほどの勢いになります。

ドライヤーの熱によるダメージを抑え、それでいて早く乾かしたいという人にオススメ。価格は高いですが、デザイン性もよく、所有する満足感を得られるドライヤーです。

テスコム プロフェッショナルプロテクトイオンヘアードライヤー

業界トップクラスの風速と、熱ダメージを抑えるケアドライフード(P A T.T)が特徴です。

この独自のフードによって、熱を1点に集中させることなく、ムラなく温風を髪に当てる、プロのテクニックを再現。熱のダメージを軽減し、髪に優しく乾かすことができます。

さらに、静電気抑制プロテクトイオンを放出することで、髪の広がりを抑え、艶のある髪に仕上げてくれるのが魅力です。

クレイツ ホリスティックキュア ドライヤー

髪質に応じて、仕様の異なる2つのドライヤーから選ぶことができるのが特徴です。

「黒」は、速乾性が高く、ハリ・コシを与えてくれます。「白」は、髪にうるおいを与えながら、パサつき、広がりを抑えてくれます。

黒・白それぞれ、自信の髪の悩みに合わせて選ぶことが出来るのが、ホリスティックキュアドライヤーの魅力です。

髪を乾かす流れのまとめ

髪を乾かす際のポイントを簡単にまとめてみました。

タオルドライ

とにかく摩擦を与えないように、吸水性の良いタオルで押し付けるように水分を拭きます。ゴシゴシと擦らないことがポイントです。

洗い流さないトリートメント

タオルドライの後は、ドライヤーの熱から髪を守るために、洗い流さないトリートメントを塗布します。

ドライヤーで頭頂部から下へ向かって、髪の根元から乾かす

ドライヤーを当てる際は、頭頂部から中間、そして毛先へ向かって乾かしていきます。頭頂部と髪の内部が最も乾きにくいので、ドライヤーを小刻みに動かしながらブローしていきましょう。

ダメージを受けやすい毛先は最後に短時間

常に、髪の根本からドライヤーを当てることを意識し、特にダメージを受けやすい毛先は最後に短時間だけブローするようにしましょう。

冷風を当ててキューティクルを閉じる

ドライヤーで8~9割ほど髪が乾いてきたと思ったら、最後に冷風を当てて、開いているキューティクルを閉じます。

ブラシやコームで髪をとかす

ドライヤーでブローした後は、ブラシやコームなどで髪をとかします。頭皮に刺激を与えることで、健康な髪の発育を促します。ここで使うブラシやコームは、静電気の発生しにくい素材を選ぶこともポイントです。

美容院でドライヤーの方法を聞いてみよう

美しい髪のための正しいドライヤーの使い方について解説しましたが、実際に自分がやってみるとなると、なかなか上手くいかないと感じる方もいるかと思います。

そんな時には、髪のプロである美容師さんにドライヤーの方法を聞いてみるのも1つの手です。

ヘアスタイル、髪質に合った方法を教えてくれる

ここでは、一般的な正しいドライヤーの使い方をお伝えしましたが、髪質は千差万別です。

ショートやミディアム、ロングでも乾かし方は違いますし、髪の太さ、毛量なども人それぞれです。

上手く乾かせているのか分からないときは、美容院でカットするついでに、美容師さんにドライヤーの使い方、髪の乾かし方を聞いてみると良いでしょう。

まとめ

ドライヤーの使い方、髪の乾かし方を見直すだけでも、今ある髪の悩みが嘘みたいに改善されるかもしれません。

ドライヤーは、使い方次第では、髪をパサパサのゴワゴワにもしてしまえるものです。

やり過ぎれば、髪の水分を奪い去り、やらなければキューティクルが開きっぱなしになり、やはり髪にダメージの原因となります。

毎日正しくドライヤーを使って、美しい髪を手に入れ、キープできるようにしていきましょう。